トップに
戻る
blog

2016.06.10 原風景

コンペの素材撮影のために、先日幼少を過ごした吹田の山田に行ってきました。
ちょっと曇りでしたがなんとかもちました。

IMG_2457
阪急山田駅から徒歩で地元方面へ。市民体育館では当時50円払ってよく卓球をしてました。
IMG_2459
昔通っていた塾(千里学院だったかな?)はもうなくなっていました。結構ここに通うのは憂鬱だった記憶が。
当時は勉強よりも遊びが優先でした。模試で絶対に勝てない子がいてました。完全に努力不足ですね…。
IMG_2461
当時住んでいたマンション横に「なべくら」っていう美味しいうどんやさんがあってよく家族で来ていましたが、やはり今は違う建物へと変わっていました。
時間の経過を感じます。ちょっと寂しいです。いつもお店の中にはなぜか演歌が流れていました。
IMG_2495
当時のマンションは今も健在でした。僕が住んでいた部屋は今も違うご家族が使われているようでした。
今も大切に使われていると思うと少し嬉しくなりますね。ジャングルジムのようなマンション、いつも誰かがいたので、遊び相手には困りませんでした。
IMG_2496
マンション前の公園も変わらずありました。みんな使った滑り台も。
当時はここでビー玉で遊んでたかな。ミルキー玉というレアなビー玉はゲームに負けて没収されたくないので温存して、一番数の多い雑魚キャラ的ビー玉でいつも勝負していました。
IMG_2497
この木はかくれんぼで一番人気だった場所です。
高い所に登るのは子供にとっても本能的に楽しいことです。きっとこういう要素が今の自分の設計につながっているのかなと思います。
みんな大好きでいつもここへ隠れるのですが、鬼もわかっているのですぐに見つかってしまうというのが難点です。
IMG_2498
マンション屋上からの風景。
当時は菊竹さん設計のエキスポタワーが見えましたが今はありません。
IMG_2499
太陽の塔もマンションから毎日見ていました。
岡本太郎の太陽の塔は一般的にはものすごい異物のような扱いをされていますが、僕にとっては小さな時から毎日一緒に過ごした仲間のような存在です。
身近にこういうアートがあるのが当たり前の環境でした。
誰かの家で遊んで5時くらいに家に帰る時、このマンションから見える夕焼けの風景が好きでした。
そして各々のお家で晩御飯の支度をする良いにおいがしていたのも覚えています。
よく万博公園にも自転車で行ってました。

IMG_2500
マンション前の坂道。昔は小さなアパートがあって、少年野球の監督さんが住んでいて、学校帰りにおっちゃんの家によっていつもジュースを飲んで、布団屋さんであるおっちゃんの仕事の邪魔をしていました。
この布団屋のおっちゃんに出会うことで少年野球に入ることを決めたのでした。

IMG_2494
これまたマンション前の坂道。当時は竹林だったのですが、駐車場になっていました。
吹田は竹林がなぜか多かったように記憶しています。
やはり20年という時間はいろんなものを変えていくのかなと感じる一方で、町の骨格や空気感は変わっていないところもあって嬉しくも思えました。
小さなエリアの中にいろんな場所が立体的につながっていくまちの構造は、今の設計に大きな影響を及ぼしているのかなと感じることもあります。
また後半は翌日へつづく。

 

 

 

2016.06.09 神戸にて

先日はフラワースタイリスト&インテリアのデザインもされている合津さんと久々にお会いしました。
自営でありクリエイターでもある先輩として、僕自身がいろいろとご相談したいこともあってたくさん話してきました。
いろいろとアドバイスいただいて、とにかく自分の信じるやりかたで突き進んでいこうと確信して帰ってきました。
合津さんおすすめの歌舞伎もいつか観に行ってみようと思います。視野は広く建築以外のところからもたくさん吸収していきます。
ありがとうございます!

 

 

 

2016.06.08 コンペ

6月中締め切りのコンペ案がまとまりつつあります。
あとはどんなプレゼンをするか、ですね。
模型、手書き、出来るだけ良いプレゼンとなるように仕上げていきます。
アートも7月3日に公開審査になるため、これから完成にむけて進めていきます。

 

 

 

2016.06.07 

IMG_2583

新築の勉強で竹中大工道具館を門を見に来ました。

IMG_2585

寸法も図ってきました。

IMG_2587
IMG_2584

近所にいろいろと勉強できる建築があるのでありがたいですね。

今週は新しいプロジェクトの打ち合わせもあってどんな計画が進んでいくのか楽しみです。

 

 

 

2016.06.06 スケッチ

IMG_2597

今設計している住宅のスケッチです。
模型だけではわからないところは手で書いて検討します。
模型もスケッチも原始的で時間がかかりますが、こういうところも手を抜かずにしっかりやったほうが最終的にはいい建築になるのかなと思っています。
サンプル関係もいろいろと集めて打ち合わせに臨みます。

 

 

 

2016.06.05 外観

IMG_2554

今計画中の住宅の模型写真です。
専用通路があることをメリットに変えて魅力的なアプローチにしていこうと思っています。

 

 

 

2016.06.04 6月

気付いたらもう6月です。
年々時間が過ぎていくのが早くなっている気が…。
6月はいろいろと作る時間が長くなりそうです。
図面や模型、コンペ案とプレゼン、展示するアートや見積チェック…。
ただ、やることが増えてくる方が時間の使い方もうまくなるのかなとも思っています。
6月は久々に建築家の講演会なんかも行こうと思っています。

 

 

 

2016.06.03 プレゼン

今日はマルホンの担当者様がお越しくださいました。
今設計している店舗の床で採用する予定で、メンテナンスが楽な塗装をした無垢材の事や、新商品等のお話しを聞きました。
草木染というグレーの塗装がされた無垢床は個人的に気になります。

さて、6月はコンペの締め切りが3つほど続くので今日も一つプレゼンをまとめ始めました。
良い結果がでると信じてやっていきます。

 

 

 

2016.06.02 手書きで

今日はアート図面はそこそこに、手書きでまたごりごりと書いてます。
まだ途中なので引き続き頑張ります。

そういえば男子バレーは3連敗ですね。
同じアジアの中国、イランに負けたのが効いてます。
が、まだ全勝したらオリンピックの可能性は残っているそうなので踏ん張ってもらいたいです。

 

 

 

2016.06.01 アートの打ち合わせ

今日はアートの製作準備の打ち合わせをしました。
佐賀県までの搬入や、どこまで作って最後の仕上げはどこでやるのか等、色々なことを乗り越えていきます。
床の間に置く、たった1帖の空間でどこまで豊かな空間へと仕立てることが可能か。
外の仮面のような表情と、内部の饒舌さのギャップをいかに演出できるか。
床の間の力を借りながら、その特性をより体感できるアートを目指します。