トップに
戻る
blog

2021.04.14 敷地測量

IMG_3297
神戸市北区の新築は敷地の測量と地盤調査。
測量のポイントや地盤調査の位置を担当者さんと確認。
こういうところからしっかり立ち会って家つくりを進めていきます。
晴れで良かった。

 

 

 

2021.04.13 北区の現場へ

IMG_3311
神戸市北区のリノべ現場へ。
解体が進んできました。
一部の壁を取り除き、構造の筋交いは鉄のコボットブレースにすることで、
解放感のあるLDKへとしていきます。
こちらのお家も昨年に何時間もこもって測量、調査をしていたので、
解体後に色々とプラン変更しなくても工事していけそうです。
大手ハウスメーカーの建物ですが、
こういう構造もしっかりした家を自分流にカスタマイズして住み継いでいく、
という考えは脱炭素にもつながって良いと思います。
これから大工さんや監督さんとまた現場で打合せしていく日々です。

 

 

 

2021.04.12 姫路へ

IMG_3258
解体工事のチェックへ姫路へ。
監督さんと進捗確認や今後のスケジュール共有をしました。
IMG_3239
鉄筋コンクリートラーメン構造の建物で、
和室や応接間だったスペースが大きなLDKやピアノ室へと変わります。
事前に測量や調査をしっかりやっていたために、
想定外の柱や壁も出ずに、設計していたプランのままで進んでいきます。
これから床の下地、断熱の工事へと進んでいきます。

 

 

 

2021.04.11 神戸に

西宮ストークスがなんと神戸に移転するそうです。
湾岸エリアに出来る新アリーナを本拠地とする計画だそう。
B1に行くためのライセンスは5000人規模のアリーナが必要で、
西宮市立体育館ではそれが難しいのかな。
神戸が本拠地になればより試合は見に行きやすくなります。
とりあえず今年プレーオフでB1昇格を目指してほしい。

 

 

 

2021.04.10 東京オリンピック

水泳の池江選手が東京五輪内定となりました。
白血病で闘病されていて、完全復活は4年後かなと思っていたのですが、
東京五輪の内定を勝ち取るとはびっくりです。
めちゃくちゃ感動しました。
他人がどう言おうが、
諦めないで自分が信じた事をやり続けることは一番大事ですね。
大谷選手も二刀流、今年は結果を残してほしい。
あとバスケの八村、渡邊選手も頑張ってます。

 

 

 

2021.04.09 解体

リノべ現場2件の解体もスタート。
リノべは出来るだけ現場へ通って大工さんや職人さんと打合せするのが大事。
細かな納まりは図面では判断できないことがよくあります。
そういう時はとにかく現場です。
どちらも6月頃まで。
今年もこんがり焼ける1年になりそう。

 

 

 

2021.04.08 撮影

先日は芦屋のハナレを撮影しました。
外構も入ってバランスも良くなりました。
天気がくもり気味でスタートしましたが、
昼前から急に晴れて良い写真が撮れたと思います。
毎回撮影の時は何故かいい方向へ天気が変化してくれます。
施主様にはお忙しい中朝から時間調整いただき感謝です。
写真の完成を楽しみに待っておきます。

 

 

 

2021.04.07 

P10135172
芦屋のハナレの夜時間。
半地下から外の庭を見れるようにしています。
7.91㎡の小さい空間ですが、
2年がかりで完成しました。

 

 

 

2021.04.06 引き渡し

IMG_3065
御影の新築はとうとう引き渡しに。
かっこいいキッチンも無事設置されました。
難しい申請を乗り越え、
工務店さん、お客さんと一体となってここまでこれました。
みんな、誰一人欠けては成り立たない家です。
デザイン、予算、法規、工事監理と舵取りして港にしっかり辿り着きました。
後は外構を月末までに完成させます。
少し自分のためのリフレッシュの時間も確保して、
次の家の工事監理や設計へと向かっていきます。
忙しいですが、休息も大事ですよね。
毎回こういう家つくりが出来たらという想いです。

 

 

 

2021.04.05 レース

IMG_3151
クローゼットの仕切りにレースを採用。
今までは扉を付けるのが一般的でしたが、
プライベートな空間なら高い扉を付けなくてもOKです。
これでコストダウンにもなります。
固定概念は持たないほうが良いですね。
常に新しい感覚も取り入れていきたいです。
IMG_3153

 

 

 

 

1 / 20212345...102030...最後 »