トップに
戻る
blog

2019.01.19 プレゼン

コンテストのためにこつこつ模型を作っていましたが、
一段落したので、これから撮影してプレゼンに入ります。
もうひと踏ん張り。

 

 

 

2019.01.18 初場所

大相撲初場所がスタートしました。
もう休場出来ない崖っぷちの稀勢の里に横綱の意地を見せてもらいたい、と思っていたら
初日から3連敗でとうとう引退となりました。
負け続けても何故かみんなに応援される稀有な横綱でした。
横綱になってからはケガでずっと厳しい状況だったと思いますが、
伝家の宝刀、ひだり差しが決まった時は強かったですね。
腕をケガしている中で2場所連続優勝を決めた時が一番のハイライト。

 

 

 

2019.01.17 1.17

今日で阪神淡路大震災から24年か。

 

 

 

2019.01.16 軒先

IMG_1328
神戸の新築の軒樋も設置しました。
タニタハウジングのスマートな軒先で屋根材に近い色を付けて雨を受けるようにしています。
少し柔らかい雰囲気にするために半丸タイプにしました。
屋根はアイジー工業の金属製で、雨音も抑えられる断熱材入りのグレーを採用。
金属屋根はかっこいいのですが、雨音を出来るだけ抑えたいので静音タイプになる商品を選定しました。
屋根材は家の中で一番過酷な環境にあるので、汚れも目立ちにくい薄すぎない色を選ぶようにしています。
ただ、下から見上げると屋根材よりも軒裏のほうが見えるので、今回は白い軒裏サイディングにしてお家の雰囲気に合うようバランスを取っています。
こちらは、軒裏換気も可能かつ準防火地域でも使える有孔板を探して使っています。
建築は意匠だけでなく時間に耐えうる性能も重要です。

 

 

 

2019.01.15 上げ下げ窓

IMG_1314
工事中の新築も外壁工事が無事終わり、もうすぐ足場が取れそうです。
片方の道路側は2階に上げ下げ窓を4つ付けてかわいらしい雰囲気に。
今回は軒やケラバもしっかり出して、
出来るだけ吹付の外壁を汚れから守るようにしました。
4寸勾配片流れの小屋裏に全館空調の設備を設置しています。
片流れ屋根の場合は片側にしか雨を流せないので、屋根面積もチェックした上で、
縦樋の寸法を検討して決めています。
また、薄いピンク系の外壁にグレー系の屋根や金物を合わせ、
あとは外構で足元に少し濃いめの色を入れてあげるとメリハリも付いて外壁の綺麗さが際立つかなと思っています。

 

 

 

2019.01.14 いい年に

ダウンタウンデラックスで星座と血液型占いが。
48パターンある中で、今年はなんと2位となっていました。
仕事で努力したことが実る年だそうです。
良い占いだけは、信じよう。

 

 

 

2019.01.13 てすり

IMG_1310
新築工事のロフトには手摺も付けてもらいました。
床がオークなので、合わせてオーク単板貼りの材料で作ってもらいました。
決して大きなスペースじゃないけれど、それが子供たちにとっては秘密基地みたいでいいんじゃないかなと思う。

 

 

 

2019.01.12 四重奏

映画ボヘミアン・ラプソディを見てQUEENの凄さに感動し、
LIVE.AIDEの本物のQUEENの映像を見て、映画に登場するラミ・マレックたちの演技に感動する。
その後、LIVE・AIDのQUEENの演奏する姿に再び感動が込み上げ、
映画をもう一度見て演者の凄さを再確認したくなる。
何度も観に行く人が続出している理由がわかった。
この映画には感動の四重奏が込められている。

 

 

 

2019.01.11 アジアカップ

サッカーのアジアカップが始まりました。
日本はもちろん優勝を狙ってほしいです。
アジアといっても油断はできません。
韓国やオーストラリアはもちろんイラン、サウジ等中東も強いです。
個人的に思い出に残っている試合はヨルダン戦でキーパー川口選手がピッチコンディションの悪いPK戦で劣勢から鬼のスーパーセーブ連発で逆転勝利をした試合と、決勝のオーストラリア戦で李忠成選手が決勝点となったスーパーボレーを決めた試合です。どちらも死闘でした。
今大会は若い選手に大活躍してもらいたいですね。

 

 

 

2019.01.10 全館空調ダクト工事

IMG_1122
新築の全館空調工事もだいぶ進みました。
写真はリビングの吹き出し口2つを設置したものです。
下にはテレビボードを造作します。
直径30センチのダクトなので、一部天井を下げて納めます。
IMG_1121
これはキッチン部。冷蔵庫上をうまく使っています。
横には食器棚を設置するので、横面も隠れてより目立たなくなります。
ここまでダクトを天井を下げずに持ってくることが実は大変で、
梁の大きさなんかも構造設計時に全部チェックして経路を設計してます。
全館空調のダクト工事は想定通り、完璧に納まったと思います。