トップに
戻る
blog

2018.06.07 来シーズン

西宮ストークスはコーチ、選手、チアさんとごっそりメンバー変わりそうです。
地元兵庫の谷選手、道原選手、松崎選手、梁川選手は残留が決定しました。
2mクラスの日本人選手か帰化選手がいて欲しいなあ。
来シーズンは2部になりますが、1年でB1復帰してほしいです。
10月の開幕まで楽しみに待ってます。

 

 

 

2018.06.06 断熱

IMG_9191
洲本のリノベーション打合せに。
梅雨入りしましたが、天気もなんとかもってくれました。
今日はインテリアの素材関係も再チェックしてきました。
一部追加のクロス工事もあって家の雰囲気にあう良いクロスが見つかりました。
床は断熱材も入ってこれからフローリングも貼っていきます。
IMG_9193
テラスは外ご飯も出来るよう大きく作って居場所をもう一つ増やしたいと考えています。
優秀な監督さんのおかげでスムーズに工事が進められています。
帰りはお客さんと一緒に台湾料理の晴海軒に。
美味しくて量がたっぷりです。
御馳走様です。

 

 

 

2018.06.05 今月から

芦屋のマンションリノべが2部屋分今月から工事スタートです。
IMG_9155
キッチン面材やクッションフロア等大事なところの色チェックにきました。
来月からは新築の工事もスタートするので現場だらけになって真っ黒になりそうです。

 

 

 

2018.06.04 クロスチェック

IMG_8998
宝塚のマンションリノべは見積作業が進んできました。
先日はクロスをあててアクセント位置を調整してきました。
IMG_9016IMG_9017
費用を抑えるために今回は、大工工事は最小限に、そしてタイルは使わずクロスで雰囲気を変えることを重視しています。
サンゲツのショールームに行くと、同じ単価でアクセント柄もたくさんあっていつも重宝しています。
全てのクロスを同価格で選びつつ、ちゃんとアクセントにもなって仕上がるようリノべ出来たらなと思っています。

 

 

 

2018.06.03 そろそろ

もうそろそろ梅雨になりますね。
今月は名塩のお家を撮影します。
インテリアメインですから、適度な曇りがいいですね。
今月でもう1年の半分か。
なんだかあっという間に日々が過ぎていきます。
充実している証拠ですかね。
ワールドカップもとても楽しみです。
若い選手で急激に成長できる人が今のチームに必要な気がしますね。

 

 

 

2018.06.02 赤ちゃん

IMG_1695
名塩のお客様から赤ちゃんの写真を送っていただきました。
ちょうどお引渡しの直前に生まれた男の子です。
めっちゃかわいいなあ。癒されました。
日に日にビリケンさんに似ていくそうですよ。
これから新しいお家ですくすく育ってほしいですね。
こんなご家族の幸せなタイミングに出会えるのも設計ならではです。
家族みんなお庭いじりが好きですし、きっとたくましくアウトドア派に育つのでしょうね。
このお家には名塩の土を使った日本に2社しか残っていない名塩和紙や、その過程で残った土を使った塗り壁をインテリアに採用していますが、いつか赤ちゃんが落書きしてもいいかなー、とおおらかな気持ちになります。
クレヨンでお絵かきしても、また貼り直せばいいですしね。
建築家のコンセプトがそのまま形となった緊張感のある建築よりも、住む人の味がどんどん出てくるような建築をいつも作りたいと思っています。

 

 

 

2018.06.01 神戸に

バルサのイニエスタが神戸にくる。
世界的な選手が地元神戸にくるとは嬉しいですね。
一度生で試合を観たくなります。
年俸30億超えと言われても、全然イメージが湧きませんね。
来月はワールドカップも始まります。
選ばれた23人の選手たち、頑張って予選突破してほしいな。

 

 

 

2018.05.31 キッチン面材

IMG_9151
芦屋の賃貸マンション2件分がこれから工事に入る予定です。
今回は出来るだけ費用を掛けずにリノベーションしたいので、パナさんのVスタイルというコストパフォーマンスに優れたキッチンを使います。
この日は風呂も含めて色味チェックに近くの神戸ショールームに。
最終は床と合わせて決めていきます。
賃貸マンションだと収益のことも大切なので、一般のお客さんの作り方とはまた異なる考えも必要かと思います。

 

 

 

2018.05.30 解体もう少し

IMG_9129
洲本の現場に来ています。
解体もだいぶ進んできました。
監督さんや電気屋さん、解体の職人さんたちが暑い中フル稼働して対応してもらっています。
LDKの部分は床も交換するのですが、今回は下地から撤去します。
IMG_9111
天井のダクト関係もしっかり見える状態に。
下地はまだ使えるので残しています。
リノべの場合はどこまで解体するか、ということも費用上重要な要素です。
この日は梁の位置を確認してダウンライトの位置を調整して納まるように打合せしてきました。
IMG_9094
新しいダイニングキッチンからは広いお庭の先にどーんと陣取っている大きな石が見えるようになります。
写真だと伝わりにくいですが、かなり立派な石で人が登れるくらいのサイズです。
タイルテラスも作って家の外にもアクティビティが生まれる状態にして、キッチン、ダイニング、テラス、お庭と一体的に使えたらなと考えています。
BBQとかも出来るようなテラスになる予定です。

 

 

 

2018.05.29 長期優良

神戸の新築は構造と全館空調の取り合いもクリアして納まりました。
あとは既存住居の解体後の調査で地盤補強がいるかどうかです。
こればかりはいつもやってみないとわからないところです。
また今回はコストも増やしていただいて、長期優良住宅を取得する方向で進めています。
認定されれば住宅ローン控除等税金面での優遇があります。
ハウスメーカーではだいぶ当たり前になりつつありますが、工務店で建てる家でも取得出来るとなると自分自身の設計の幅も広がるので、
しっかり取得できるよう進めていきます。
前職がハウスメーカーだったことで、多少なりとも長期優良を取得する際の設計の注意点もわかっているので抵抗無く向き合えそうです。