トップに
戻る
blog

2016.07.02 木のトンネル

IMG_2725

ある打ち合わせ後に周辺敷地を見ていたら、木が素敵なトンネルを作っていました。
この先を抜けるとどんな空間が待っているのか、わくわくさせてくれます。
思わず写真撮影してしまいました。
住宅地の中にはめずらしい素敵な空間でした。

 

 

 

2016.07.01 アイカのセミナー

7月に大阪で開催されるアイカのセミナー、今年は伊東豊雄さんです。
タイトルは「この場所にしかない建築」。
毎年抽選になるのですが、今年は無事当たりました。
伊東さんの建築は中に入ってみたい、といつも感じさせてくれて、最近訪れた岐阜のメディアコスモスも個人的に好きな建築です。
オリンピックの事、台中や最新のプロジェクト…どんな話が聞けるのかとっても楽しみです。

 

 

 

2016.06.30 六甲

IMG_2793

六甲を歩いていたら、たまたま安藤忠雄さんの六甲の集合住宅を発見。
学生時代から雑誌や本で何度も見ていた建築が、突然目の前に現れました。
このあたりは駅からは坂道で徒歩だとちょっと大変ではあるのですが、住環境はかなり良さそうなエリアでした。

 

 

 

2016.06.29 土地

最近、いろいろと土地を見る機会が増えてきました。
グーグルアースがあれば、おおまかな雰囲気はわかるのですが、やはり実際に訪れてわかることもたくさんあるので出来るだけ自分の目で確認するようにしています。
町の持っている空気感は実際に体感しないとわかりません。
設計目線でチェックして、いい土地と出会えるよう日々勉強です。

 

 

 

2016.06.28 アート

IMG_2806

設計していたアート作品がついに完成しました。
昨日大阪の工場まで確認しに行ってきました。
たった一帖程度の空間なのですが、中に入るとどこまでも続くブルーの帯が現れます。
写真は、養生しているのでわかりにくいですが、その片鱗がなんとなく感じられます。
公開審査の時は養生も取れて、かつ自然光がもっと絞られてしぶい濃紺になる想定です。
床の間の空間特性とアートが一体となった作品を目指します。

 

 

 

2016.06.27 オーナー様

IMG_2774

先日、芦屋のオーナー様宅へお邪魔してきました。
もう5年になりますが、時間が経過するにつれて好きな物に囲まれて魅力的なお家になっていっています。
仕事の話や建築の話等、たくさん僕の話を聞いていただきました。ありがとうございます。

IMG_2777

夜も素敵な雰囲気で、北斗七星をイメージした照明もあります。
場所を決める時に、実物大の発泡スチロールを天井から吊って高さと位置を決めたのも懐かしい思い出です。

IMG_2778

打ち合わせに使った、空間の捉え方を描いたスケッチが壁に飾ってあります。
今の自分にもつながるスケッチです。

IMG_2782

いつもここへくると気持ちがリセットされてまた頑張れる状態になります。
楽しい時間をありがとうございました。

 

 

 

2016.06.26 町の風景

IMG_2757

敷地の調査で甲陽園にきました。
坂が多いのですが、そのおかげで道から大阪湾が見える場所がちらほらと。
阪神エリアは坂が多いのですが、メリットに使えたらいいですね。
今日見たエリアは目神山。
建築家の石井修さんが設計されたお家が並ぶエリアです。
道から見える風景が魅力的なのは住んでいても楽しいのかなと思います。

 

 

 

2016.06.25 今日

今日は、久々に芦屋市で設計させていただいたオーナー様とお会いします。
前職はハウスメーカーでしたが、その枠を破って設計することが出来た、自分にとっては転機となるお家でした。
いつ訪れても楽し気な雰囲気の住宅。
一緒に創り上げてくださったご夫婦に感謝です。
色々と話すことがありそうです。

 

 

 

2016.06.24 コンペの模型

IMG_2645

コンペ用に作った模型です。

IMG_2684

家具まで作ってみました。

IMG_2683

小さくても広く感じるような、ぐるぐる動線のお家。

IMG_2651

自分の敷地を他人に開放するような提案をしています。
コンペだから出来ることもあるので、こういう作業も大切にしています。

 

 

 

2016.06.23 あるコンペ

今月は提出したいコンペも2,3あって、なんとか二つの作品は提出に間に合いそうです。
模型も作ってプレゼンを作成して、あとは印刷して提出です。
仕事が増えていっても、設計としての付加価値を作る時間も大切にしたいです。
佐賀県でのアートの公開審査も間近。仮想と現実の世界を融合し、床の間の魅力をより伝わるように仕上ていきます。
彫刻家の名和晃平さんや建築家の永山裕子さんにどんな評価をしてもらえるのか、楽しみになってきました。