トップに
戻る
blog

2015.12.13 模型

IMG_1337

コンペ模型7割くらいまで仕上げました。
敷地の中央がすり鉢状に窪んでいるので、明日はその部分まで作り込んでいきます。

IMG_1338

模型が出来たら撮影とプレゼン図面が待っています。
引き続き頑張ります。

 

 

 

2015.12.12 コンペ案

今日は一日中模型製作でした。
コンペ案がまとまったので、アウトプットに専念しています。
17日が締め切りなので、ここからが正念場です。
今しか出来ないことがたくさんあって、それを自分なりに最大限取り組みたいです。
時間とも戦いですが全力を尽くせるようにやっていきます。

 

 

 

2015.12.11 なんとか

鹿児島デザインアワードの審査と年明けの鹿児島イオンモールでの展示用模型、プレゼン図面を無事郵送することができました。
来年の展示は他の作品も見たいので、鹿児島までいけたらいいなと思います。
あと一週間後には別のコンペの締め切りが迫っているので、このまま創作モードで没頭していきます。
模型もいつも以上に作り込んでみようかなと思っていますが、時間も迫っているので集中してやります。

 

 

 

2015.12.10 図書館

守山市の図書館コンペ、最優秀は隈研吾さんでした。
次点は飯田善彦さんの事務所です。
審査は傍聴しに行きましたので、どこが選ばれるかとても気になっていました。
まだまだ提案にも課題があるそうで、これから市民や職員とのワークショップでどのような変化が生まれて実現していくのか楽しみですね。

以下守山市の発表です。
http://www.city.moriyama.lg.jp/toshokanseibi/toshokan_kaitikujigyou.html

 

 

 

2015.12.09 展示用プレゼン

IMG_1286

鹿児島の展示用のプレゼンテーション図面もだいぶ出来上がってきました。
年明けの展示には模型とプレゼン図面両方を出そうと思っています。

 

 

 

2015.12.08 ルミナリエ

IMG_1298

ルミナリエ、の点灯前です。
震災があった1995年から毎年恒例のイベントですが、最近は来場者数も減って、開催するのが難しくなっているそうです。

IMG_1297

公園には募金を呼びかける看板も。ルミナリエ宝くじもありました。

IMG_1299

募金箱も設置されています。
20年続いてきたイベントなので、これからも神戸のために継続できたら良いですね。

 

 

 

2015.12.07 カフェ

IMG_1289

神戸のサタデーズサーフです。
お客様に教えていただいたショップですが、中には気軽に寄れるカフェがあって、たまにコーヒーを買って、中の大きなベンチでほっこりします。

IMG_1295

近くには照明のオシャレなお店を発見。ランチタイム時は行列が出来ていたので、またいつか行って見ようと思います。
神戸には色々とインテリアの参考になるお店がたくさんあります。

 

 

 

2015.12.06 千住博展

IMG_1309

大丸神戸でたまたま千住博展を見つけました。
ウォーターフォールという滝のような絵が有名ですが、他の作品もまとまって見れる展覧会です。

IMG_1310

色んな青が存在していて静と動のどちらもを感じられる作品。
青は一番好きな色です。
絵画ではシャガールの青が今まで見た中で一番綺麗な青だと思っていましたが、千住博さんの青もぐっと引き込まれそうな魅力がありました。
ちなみに、千住博さんの絵は販売もされていて、ウォーターフォールは2500万前後でした…。

 

 

 

2015.12.05 展示用

IMG_1246

鹿児島デザインアワードの模型も終盤です。
二次審査と展示用に模型も出来てきました。

IMG_1230

鹿児島イオンモールで一般の方にも見てもらうので、しっかり作り込んでいきます。

IMG_1258

写真は天気のいい日にいつもランニングしているグラウンドで撮影してみました。

IMG_1266

たくさんの色が意図的に配置されています。
もう少し、図面も含め締め切りに間に合わせていきます。

 

 

 

2015.12.04 ちょっとしたこと

IMG_1203

リノベ現場の納まりです。
元々は鴨井に溝が入った状態でしたが、新たにプリーツスクリーンに変えるため、どんな商品になってもビスが効いて納まるよう、大工さんに溝をぴったり埋めるよう処理してもらいました。
ちょっとしたことですが、こういうことまで事前に対応できているほうが良いと思い、指示させていただきました。
実際にプリーツスクリーンが設置されるとこのような処理は見えなくなりますが、設計にとっては大切なプロセスなのではないかと考えています。
メディア受けする建築も良いですが、実際に訪れてみてもっとよく見える建築、住まい手が満足できる建築のほうが僕は惹かれます。