トップに
戻る
blog

2015.12.23 A案

新国立競技場、A案で決まりました。
私の予想は外れました。

B案も見てみたかったのですが、隈研吾さんの建築ならみんなが納得できる作品に仕上がると信じています。
これから基本設計に入るようなので、特にアスリートの意見をしっかり汲み取っていただいて、素敵なオリンピック会場に仕上げてもらいたいです。

伊東さんは今回は選ばれませんでしたが、最近できた岐阜のメディアコスモスなんかは内部の空間を早く体験してみたい素晴らしい建築になっています。

今回の新国立の件が、みんなにもっと建築やデザインのことに関心を持ってもらえるきっかけになればいいなと思います。

 

 

 

2015.12.22 検討中

次なるコンペに取り組もうと思っています。
コンセプチュアルなものでいくか、リアリティを入れていくか。
プレゼンは模型がいいのか、スケッチも入れて平面図をインスタレーションのように見せていくか。
いくつものパラメーターを調整しながら案が一番しっくりくる最適解を見つけていきます。
案もまだまだ深く掘り下げて提案の強度をもっと強くしていきたいです。
もうちょっと検討していきます!

 

 

 

2015.12.21 バルサ

サッカーのバルセロナが圧勝しました。
メッシ、スアレス、ネイマールの3トップが先発してくれました。
中でもメッシの左足ゴールは一番印象に残っています。
サッカーは全然やったこともありませんが、日本代表やトップクラブの試合はつい見てしまいます。
来年はワールドカップ予選もあって目が離せません。
そういえば、新国立も火曜日あたりに発表されるとのこと。
どっちの案が選ばれるんでしょうね。

 

 

 

2015.12.20 スターウォーズ

ついにスターウォーズの最新作が公開されました。
初日は各地でコスプレまでしたお客さんたちの熱がすごかったですね。
僕が最後に映画館でスターウォーズを観たのは1999年の予備校生時代だったかな…。
その時は小学校からの友達と一緒に観に行った記憶があります。
今、テレビでも2週連続で過去のスターウォーズ作品を流していますよね。
映画は時々気分転換に観ます。
スタンリーキューブリックの作品はよくTUTAYAで借りて観てます。
あと「未来世紀ブラジル」とか「ブレードランナー」、「ミクロの決死圏」、「カプリコン1」、「コックと泥棒、その妻と愛人」とかが印象に残っていますね。
日本の作品なら、ジブリ作品や松田優作が出ている「ブラックレイン」や「家族ゲーム」とかでしょうか。あと、「トニー滝谷」も。
新しい映画もちょくちょく映画館で観ています。
最近外は急に寒くなってきたし、年末年始で見たい映画をたくさん借りて見てみようかな。

 

 

 

2015.12.19 ジョルジョモランディ展

IMG_1327

兵庫県立美術館でのジョルジョモランディ展に行ってきました。
前のパウルクレー展に行った時に、クールスポット無料券をもらって、ラッキーなことに無料で見学させていただきました。
展示されている絵のほとんどが「ビン」です。
しかも同じようなビンの絵がいくつもあり、微妙に位置がずれているとか配置を変えたもので、静物ばかりを描くことで何を表現したかったのかいろいろと考えさせられます。
時は第二次世界大戦下、人が生き死にと直面する時代だからこそ敢えて静物に向かい、変わらないものを描き続ける。
もしかすると「時間への畏怖」なるものが絵に込められているのかもしれません。

 

 

 

2015.12.18 提出

IMG_1377

締め切り前日に提出する図面が完成しました。
間に合ってよかった…。
写真は模型とA2サイズのプレゼン図面です。
模型製作も学生時代の感覚に戻ってきました。
難しいコンテストですが、結果も楽しみです。

 

 

 

2015.12.17 グローバル展示会参加

シンセンデザインアワード2015の世界大会での受賞とはなりませんでしたが、審査員からの評価もあって、ありがたいことに来年のグローバル展示会へご招待いただきました。
一昨日、アワード事務局から直接招待メールが届きました。
展示会は2016年にパリのユネスコ本部、スウェーデンのオステルスンド、中国の複数の都市を巡回していくそうです。
何かが残ると良いなと思いながら参加したコンテストで一つ足跡が残って、安心しています。
今までがむしゃらに建築と向き合ってきた10年の取り組みを世界の人々に見てもらえるチャンスをもらえて今からわくわくします。
プロフィールや作品もこれから多少手を加えて自分の存在をしっかり伝えれるよう取り組んでいきます。

 

 

 

2015.12.16 新国立

新国立の2案が公開されましたね。
隈研吾さん、伊東豊雄さん、どちらも世界的建築家でお二人の建築は学生時代から度々通い勉強してきた巨匠です。
メディアでは似たような案と報道されていますが、木の使い方は全然違いますしお二人の今まで作ってきた建築のエッセンスがしっかり出ていると感じました。
どちらの案になっても素晴らしい建築になると確信していますし、この短い時間でここまでまとめ上げたことに驚嘆します。
様々な要素を検討してどちらかに決まるのでしょうが、競技場というのはアスリートが限界に挑戦し肉体が躍動する、そして観客の感情が爆発するエネルギー溢れる空間です。
そういう意味で、木を化粧材で使うというのではなくて、巨大な構造柱として使い、力強さが溢れ新しいことにチャレンジしようとしているB案が個人的には好みです。
縄文時代のような人間くさくて荒々しい要素も今回の競技場には残ってて欲しいなと。
12月末には最終決定の予定だそうです。選考過程も出来るだけ公表してもらいたいです。

 

 

 

2015.12.15 ミニキッチン

IMG_1311

リノべ現場に新しく設置したミニキッチンです。
幅が1200の小さく家具のようなサンワカンパニーの商品です。
工房の中なので、あまりキッチンらしくない簡易的に使えるものを入れています。
足の部分が浮いているので、床が繋がって見えて少しでも広がりが生まれることを期待しています。
壁に向けて設置することで元々の空間よりもずっと開放感が獲得できるようになりました。
色は建具に合わせてホワイトにしています。

 

 

 

2015.12.14 中庭

IMG_1340

コンペの中庭部分も完成しました。
立体的な空間は模型製作も結構大変です。
リアルな感じを出していくために人や樹木も配置しています。

IMG_1342

明日は撮影して図面に取り掛かっていきます。