トップに
戻る
blog

2020.04.30 収納

家つくり雑誌の編集者さんから連絡をいただいて、
収納の事例で当事務所が設計したお家を掲載していただくことになりました。
また発売されたらお知らせします。

 

 

 

2020.04.29 ツタを焼く

IMG_5610
苦楽園の建物は外装も工事しています。
この日は壁に絡みついたツタをバーナーで焼いて撤去していました。
この後トゲを撤去して、洗浄、養生して下塗り、仕上げと進んでいきます。
今はぼんやりした色合いですが、黒に近い色で引き締めたいと思います。

 

 

 

2020.04.28 左官

IMG_5591
苦楽園の建物は左官屋さんに壁の凸凹を綺麗に補修してもらいました。
これにアイカのジョリパットを施工する予定です。
リノべは色々と細かい作業が発生します。
IMG_5593
今回はコンクリートは塗装せずにそのまま見せるデザインでいきます。
コンクリートと木がメインで、壁紙は使わずに。

 

 

 

2020.04.27 測量

IMG_5560
先日は、夙川の賃貸マンションに測量へ。
タイルの貼り方を検討するために2件分調査してきました。
今回はエコカラットを採用しますが、
一部で北欧のデザイナーとコラボした新商品を使ってみます。
5月末の完成に向けて進めていきます。

 

 

 

2020.04.26 小さくて豊かな建築

IMG_5497
芦屋のハナレは木造案で大詰めに。
コストも予算に近い所で納まりそうです。
IMG_5499

IMG_5495
今回は小さな小さなハナレではありますが、
小さい分、奥行きを感じれるように、
京都の詩仙堂や円通寺の空間構成を取り込み、面積以上の広がりを込めています。
詩仙堂の垂直方向への見えない無限の空間、
円通寺の水平にどこまでも抜けていく空間。
色々変化して、結局自分が好きな建築の要素が表れてきました。
外壁は模型のような色合いを当初は検討していましたが、
もう少し濃いめの錆茶色になりそうです。
着工が待ち遠しい。

 

 

 

2020.04.25 色決め

IMG_5517
苦楽園の建物は、外壁の塗装色を決めてきました。
黒に近い焦げ茶でキリっとした雰囲気に。
建物の中心に幹のような螺旋階段があって樹木のようだったので、外側は樹皮のような濃い色にしたいと思いました。
もともと薄ピンクだったので、大きくイメージを変えたいです。
一方でインテリアは青、赤、緑、黄色とかなりカラフルにしていきます。
自分が好きな楽し気な建築になったら良いなと。

 

 

 

2020.04.24 スイッチプレート

IMG_5417
芦屋のリノべはスイッチプレートもインテリアに合うように
金属プレートを採用しました。
いつもは白いプレートを使うことが多いのですが、
今回は金属系の素材が多いのでこちらを使用。
こういう細かいところまでこだわって作っていきます。

 

 

 

2020.04.23 8割

コロナを抑え込むためには8割人との接触を減らす必要があるそうです。
緊急事態宣言後は極力人に会わないように気を付けています。
4月にみんなが頑張ったら5月にはちゃんと落ち着くのだろうか。
緊急事態宣言から2週間経過して、これから感染者数や重症者数がどうなるか。
誰が感染してもおかしくない状況ですが、自分が出来る事を徹底するしかないです。
こういう状況の中で地震とか洪水とかが起こることも想定しとかないと。

 

 

 

2020.04.22 現場で

IMG_5513

IMG_5516
苦楽園の建築は左官屋さん、塗装屋さんが作業中。
コロナの影響もありますが、出来ることを進めていきます。
外壁も少し濃いめの色に塗装予定です。
どういう風に仕上がっていくかこれも楽しみです。

 

 

 

2020.04.21 プラッツ

IMG_5470
神戸三宮のプラッツが完成していました。
大学の先輩でもある建築家の畑友洋さん設計。
地下の活動がミラーの屋根に反射されてにぎわいが見えるようになっています。
IMG_5473

IMG_5476
今はコロナでイベントも出来ないと思いますが、
落ち着いたらにぎやかな場所になってほしいです。