トップに
戻る
works

- HOUSEUM -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影(上から37枚) 笹の倉舎/笹倉洋平

家でありながら美術館のような建築を創ることからHOUSEUM(ハウジアム)というコンセプトが生まれた。敷地は大阪府内の都市部にあり、マンションや3階建の住宅に囲まれている。敷地以南に関してはほとんどの建物が、日影計算が不要となる高さ10m以内で建築されていることと、周囲から覗かれず、生活感も出したくないというご要望も踏まえ、様々な角度から高さ10mでも内部が見えずカーテンも不要となるコートハウスを計画した。敷地は準防火地域でもあるため、主要な窓が延焼ラインから外れるように中庭を設け、その中庭を中心として居住空間を配置した。道路側は生活感が出ないよう水平ラインが綺麗な壁を残し、樹木のキャンバスとして機能させ、街並みにも貢献出来るようにしている。内部空間はディティールまでこだわり抜いて設計。細く薄暗い廊下を抜けた先に、外部からは想像出来ないような、光に満たされ、開放的な空間が迎えてくれるシークエンス。物が溢れないようシューズクローク、ファミリークローゼット、パントリー、家事室等のバックヤードも入念に計画した。非常時には大容量のソーラーと蓄電池も生活を支える要素となる。日々移ろう光と影が空間に豊かな表情を与えている。周囲の喧噪を忘れ、静謐な空間と共に暮らすHOUSEUMが完成した。