トップに
戻る
works

- 崖のアジト -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BEFORE

 

 

 

 

撮影 笹の倉舎/笹倉洋平

斜面地にある築50年の倉庫を、クライアントの趣味である陶芸の場にしたリノベーション。当時の壁、天井等の仕上げ要素を徹底的に引き算することで、空間に広がりが生まれ、50年前の造成、建築構造が露わとなった。建築がまるで崖に寄生しているかのような不思議な均衡状態を、ここでは敢えてそのまま見せることにした。造成の石や建築の鉄という鉱物的なイメージが、土を扱う陶芸の場に相応しいと感じたからである。また東側にある斜面に向けて開口部を設け、斜面の緑と風の抜けを新たに建物に取り込んだ。造成、建築、自然が一体となった崖のアジトである。