トップに
戻る
blog

2015.11.08 神戸ビエンナーレ③

IMG_0981

壁面と床に赤いレーザーが張り巡らされています。
映画のワンシーンで出てきそうです。

IMG_0985

床のレーザーのアップ写真です。
触れたらどうなるかちょっと怖いですね。

IMG_0982

恐る恐る入っていくと、レーザーが足に当たって音が鳴ります。
痛くないのに、一瞬痛いんじゃないかって疑ってしまいます。
慣れてくると音を鳴らすのが楽しくなってきて、足を無駄にふりふりして楽器のように楽しめるようになります。

触れられていないのに、触れられている、そんな不思議なアートでした。

 

 

 

2015.11.07 神戸ビエンナーレ②

IMG_0977

神戸アートビエンナーレの夜間作品です。
最もいいなと思ったのは「まどろみをたゆたう」という作品です。

IMG_0976

コンテナの中に薄い布が波うって吊るされていて、そこに映像を映しこむ作品。
時間の流れの中で、まさにたゆたう空間が生まれ、美しい現象が生まれていました。

IMG_0979

ずーっと見ていたくなるような作品ですね。
小さなコンテナの中でもクリエイティブの可能性を感じてしまいます。

他にもおもしろい作品がいくつもありましたので今後も紹介していきます!

 

 

 

2015.11.06 天満の夜

IMG_0889

先日、前職の上司や同僚と天満に行きました。
天満には安くて美味しいお店がたくさんありますね。
僕は二回目の訪問です。
そして、一軒のお店で腰を据えて、という感じではなくて、どんどんお店をはしごして、この日は5軒ものお店を短時間でまわりました。

神戸だと2軒くらいのお店でいつも十分なのですが、同じ関西でも場所が変われば飲み方も変わってしまうのがおもしろいところ。
いろんな話をして楽しい夜を過ごしました。
また天満には行きたいです。

 

 

 

2015.11.05 リノべ現場リポート②

IMG_1093

床貼り工事も終盤です。
この写真は建具の敷居部分です。
貼り増した6mmの無垢板を半分くらいに薄く削って段差を付け敷居溝として使っています。
精密な作業に感謝です。床も貼り方が特殊で難しいですが、きれいに出来ていました。

IMG_1094

また床下を点検するため、収納内部に点検口を新たに設置しました。
今までは点検口が無くて何かあっても点検が出来ない状態でした。

IMG_1095

これは天井にあったキッチンのダクト穴です。
もともとあったキッチンは移動しますので、これは塞いでしまいます。

床がきれいに貼れて一安心です。
これからは建具の塗装やクロス工事に入っていきます。
完成が楽しみです。

 

 

 

2015.11.04 時計

IMG_1046

事務所の壁掛け時計です。
アルネヤコブセンの時計です。
ヤコブセンはデンマークの建築家ですが、今ではセブンチェアとかアントチェアのほうが有名でしょうか。

この時計は友人のインテリア&フラワースタイリストの合津尚子さんからいただいたものです。数字が無く、シンプルでありながら、ちゃんと時間もわかり機能性も備わっていてお気に入りです。

合津さんとは定期的にお互いの作品を見せ合ってモチベーションを高めています。
そして自営業の先輩でもあります。
どんなことがあっても常にポジティブでエネルギーに満ち溢れていて、いつも僕の背中を押してくれる方です。
自営業である以上、時に厳しい状況や困難な事と向き合うこともあるのですが、合津さんはそういうことも受け止めてさらに強く楽しく生きている感じです。

また合津さんの作品はエレガントとスタイリッシュな要素が融合していて、とっても素敵なんです。
作品はホームページで紹介されています。

http://www.greenseasons.jp/

自分ももっともっと頑張るぞ!っていつも感じさせてくれて、エネルギーを充電させてもらっています。

 

 

 

2015.11.03 リノべ現場リポート

IMG_1018

リノベーション現場です。住宅の一部をオートクチュールの工房とギャラリーにリノべします。
玄関ホールの腰壁パネルも大工さんにきれいに設置してもらいました。上端をレバーハンドルの中心と合わせています。
今後コンセントもパネル色に変えていきます。

IMG_1025

奥様が製作されているオートクチュールです。生で見ると本当に丁寧で緻密な作業であることがわかります。
これらの作品を製作し、展示する空間を今回は設計しています。

IMG_1031

今回は既存の床を残しながら6mmのチークの無垢床を上張りします。
薄い厚みながら無垢とあって表情が豊かです。

IMG_1030

床張りの途中です。
今回のリノべでは床が一番のポイントです。
ただ貼るのではなく、オートクチュールの生地をイメージし、織り込んだイメージで5回貼り方向が変化します。
オートクチュールから連想して生まれた貼り方で完成が楽しみです。

IMG_1032

ギャラリーとなる和室と工房の仕切りとなる襖の納まりも現場で確認。
既存の床と張り増したリフォーム床の6mmの差を敷居の溝として利用します。
また溝の既存床を隠すために6mmの無垢床を薄くスライスして溝に張り付けます。大工さんの腕がいいからできることですね。

順調に工事も進めば今月中には完成です。

 

 

 

2015.11.02 藤城清治

IMG_0986

天保山で開催中の藤城清治展。
パウルクレーと並び、大好きな影絵作家です。

IMG_0987

今回の展覧会は藤城清治さん自身が好きな作品が展示されています。
僕は「月光の響き」と「生きるよろこび」という作品が好きです。
どちらも樹木が描かれています。

IMG_0988

これは大阪の絵を描くためのスケッチ。
太陽の塔や、通天閣、甲子園球場なんかも描かれ、作品はかなり大きな物でした。

藤城清治、齢91歳。
今も現役で創作し続けるエネルギーに圧倒されました。

誰が何と言おうが信じたことをやり続けること、そうすれば後から結果もついてくるのだと思います。

創作することは自分自身との勝負ですね。

 

 

 

2015.11.01 茶室

IMG_0655

これ何かわかりますか?

IMG_0657

実は、ガラスで出来た茶室なんです。
デザイナーの吉岡徳仁さんの設計で、京都の将軍塚青龍殿に設置されています。
茶室内部には入れないのが残念ですが、ガラスのおかげで周辺の風景と同化して存在しています。
ここの舞台からは京都市内が一望できるので、学生時代に住んでいた一乗寺や出町柳のデルタなんかもついつい探してしまいました。

僕はあまり腕時計をしませんが、吉岡徳仁さんの、水をイメージした透明で時計の存在感を消し去ったような「O」と、彫刻のようで鉱物的スタイリッシュ な「TO」を歴代の腕時計として使ってきました。
いかにも時計っていう感じではないのが逆に好きでした。また新作がでないかなーなんて思ったり…。

今日も一日頑張っていきましょう!

 

 

 

2015.10.31 体操

体操の世界選手権で内村航平さんが前人未踏の6連覇を達成しました。
また37年ぶりに団体でも金メダルを獲得です。

昨年、金メダル目前ながら、地元中国の鉄棒で最後の最後で大逆転されて銀メダルに終わったことを今でも鮮明に覚えています。たしか0・1ポイント差だったかと…。

あの時の悔しい思いを背負っての今大会。
首位でむかえた団体の最後の演技者は内村選手の鉄棒でした。

しかし、ここで離れ技をしたときにまさかの落下!最悪のアクシデントです。
普通ならここで心が折れて後の演技がぼろぼろになり、優勝も諦めの気持ちが出てしまいそうです。

ただ、ここからの内村選手がすごかった。
再度演技を始めると、気持ちを切り替え、最後の着地もぴったり決めてくれました。
結果は僅差で首位を守り、金メダルを獲得です。

何かにチャレンジする人は失敗もするもので、それとどう向き合って次に活かしていくか、ということがとっても大事なんだと思います。

最後まで諦めなかった内村選手のような強靭な精神力、本当に尊敬します。

金メダルおめでとうございます!

 

 

 

2015.10.30 河井寛次郎記念館

IMG_0807

京都にある陶工・河井寛次郎記念館です。
壁紙は使わず、自然素材と素敵な家具、調度品に包まれた優しい空間です。
中心に大きな吹き抜けがあって全体とつながっています。

IMG_0179

元々住んでいた町屋を現在は記念館として公開しています。

IMG_0173

個人的に、天井からぶら下がった手摺が好きです。

IMG_0174

二階の和室は30センチほど床が上がっています。
庭とつながって気持ちよい空間でした。

IMG_0806

一番奥には河井寛次郎が使っていた登り窯がありました。
ここでたくさんの作品が生まれたんでしょうね。

ここへ来るといつも外国の方が訪問されています。
古き良き日本が感じられるのかもしれません。

これからの季節の京都は最高ですね。