トップに
戻る
blog

2016.02.11 南青山

これから提案を控えている店舗の参考に、隈健吾さん設計の南青山にあるケーキ屋さんに行ってきました。
IMG_1849

外観です。住宅街で異彩を放っています。
準防火地域ですが、構造は鉄骨とし、化粧材として木をふんだんに使っています。

IMG_1848

木組みの接合部は鉄を使っているようです。
初めて知りましたが、地獄組という組み方だそうです。

IMG_1860

スタッフの方から内部も撮影してOKとお返事いただき見学させてもらいました。
隈事務所の難しい条件下でも建築の質を追及する姿勢に刺激をいっぱいもらいました。

 

 

 

2016.02.10 東京タワー

IMG_1826

あるコンペの審査も兼ねて東京に行きました。
まだどうなるかわかりませんが、自分がやってみたいと感じれる事はどんどんチャレンジしてます。

その後撮影した東京タワーです。
スカイツリーも最先端の技術を駆使して施工されているのでしょうが、僕は東京タワーの色とかフォルムが好きです。
皮膚感覚で、なんとなくですが東京は春っぽく感じました。
春の夜桜を見ている時に、心の高揚感とコートを着ててもちょっぴり感じる寒さが交互に迫ってくる、そんな皮膚感覚です。

 

 

 

2016.02.09 内覧会

朝日ウッドテックさんから床の内覧会の案内をいただきました。
床材は空間の雰囲気を決定付ける大切な要素です。直に体と触れる部分でもあります。
デザイナーの佐藤オオキさんとコラボした商品もあるようで、どんな新商品があるのか時間を見つけて行ってみようと思います。
個人的には最近はオークの床が気取らなくて、かつ木肌がしっかり見えて気に入っています。

 

 

 

2016.02.08 新プロジェクト

明石で計画中の店舗が正式に設計契約してスタートすることになりました。
様々な条件をクリアして、時間もかけて素敵なお店にしていきます。
プランはこれからさらに検討していきますが、そんなプロセスも楽しみながら設計出来たらと思います。
もう一つの店舗もいい方向へ向かうようにしっかり案を練っていきます。

 

 

 

2016.02.07 明石焼き

今日は明石で打ち合わせです。
先日の打ち合わせ後には明石焼きを御馳走いただきました。
明石焼きはソースでなく出汁に付けて食べるのですが、ふわふわでとっても美味しかったです。

良い打ち合わせが出来るよう頑張ってきます。

 

 

 

2016.02.06 下準備

ここ2日間で神戸市や検査機関への調査も終え、ようやく提案の検討に入っていけそうです。
まだ、フラットな状態ですが何をきっかけに空間を紡いでいくか…。
ここからコンセプトを見つけて空間に変換して法規を満たしながらクライアントへのプレゼンテーションを創ることは建築の醍醐味でもあるわけです。
数学のように答えが一つではないことも、いつも面白いなと思ったりします。
ちょっとしたお客様の一言が、もやもやと漠然とした世界から建築足らしめる場所へとジャンプさせることだって何度も経験してきました。
まだ見ぬ空間へ、これからアプローチしていきます。
思考の連続の後に、何かがすっくと立ちあがっていることを信じています。

 

 

 

2016.02.05 法規チェック

昨日は西日本住宅評価センターと神戸市にいろいろと法規関係の調査をしてきました。
評価センターは前職でもお世話になっていたので、これからも確認申請をお願いしていくことになると思います。
複雑な法規をひとつずつクリアしてから提案に繋げていきます。
色々調べているとまた神戸市に再度確認しないといけないことも出てきました。
難しい敷地だと、ここの作業は非常に重要なので地道にやっていきます。

 

 

 

2016.02.04 提案

昨日打ち合わせに行きました案件、新たにご提案の機会をいただきました。
私の地元神戸でのプロジェクトですし、色々と調査は必要ですが素敵な案となるようこれから検討していきます。
また、WORKSもアップして、キルコス国際設計コンペの案もアップしました。
今年はプロジェクトがどんどん増えるように頑張っていきたいです。
ちょっとずつですが、色々な事が一歩一歩前進している感じがしています。
気合入れてやるっきゃないですね。
東京のプロジェクトも何か自分でできないか熟考したいです。

 

 

 

2016.02.03 打ち合わせ

まだまだ寒い日が続きますね。
2月中旬くらいまでは寒いそうです。
インフルエンザも流行しつつあるので気を付けないといけませんね。
最近建築の事で頭が一杯になっていたのでまたバスケ見に行こうかな。
今日は打ち合わせに行ってきます。
良いプロジェクトになるよう頑張ってきます!

 

 

 

2016.02.02 難敷地

難しい敷地で計画している案件があります。
高いがけがあり、前面道路がかなり狭いので道路斜線が厳しい上に施工が難しく、準防火地域、建築協定有、敷地形状も複雑です。
このような条件でもそれをうまく活かして建築を作れないものか…。
時間はかかるとは思いますが、様々な方向性を検討し、今後粘り強く考えてみます。